2015年06月09日

野菜の学校2015 第1回 和歌山野菜

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡 輝好です。

野菜と文化のフォーラムが開催する 野菜の学校に今年度も通うことにしました。

第1回目 和歌山野菜を先週の6日(土)に受講してきました。

講師は

東 卓弥氏.JPG

和歌山県農業試験場 主任研究員 東 卓弥氏

和歌山県の野菜生産高は約160億円。1位ミニトマト 2位ウスイエンドウ、キヌサヤ 3位新しょうがです。

梅の生産高は約200億円で全国トップです。

展示はまず

うすいえんどう 和歌山.JPG

「うすいえんどう」 ほとんどが関西で消費されています。

梅南高.JPG

「南高梅」ちょうど出回り時期です。

しょうが新.JPG

「新しょうが」ほとんどがハウス栽培です。10月頃まで出荷します。

実山椒.JPG

「実山椒」

7キャロル.JPG

「ミニトマト」(キャロル7)

なす湯浅.JPG

「湯浅なす」 金山寺みその原料

源五兵衛すいか.JPG

「源五兵衛漬」源五兵衛すいかを酒粕に漬けたもの。

食べ比べは食べ比べ.JPG

和歌山産うすいえんどう、大坂産うすいえんどう、福島産グリンピース うすいえんどうとグリンピースは全く別物でした。

料理は毎回感謝です。

料理.JPG

個人的には実山椒の佃煮がものすごく 気に入りました。

http://www.fujioka-shokuhin.jp























posted by 野菜おたく? at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/139469837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック