2011年11月26日

第4回 野菜の品種別調理特性検討会「きゃべつ」

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

先日 NPO野菜と文化のフォーラム 第4回 野菜の品種別検討会「きゃべつ」に出席してきました。

始めに千葉県農林総合センター 町田 剛史氏が「きゃべつの品種と産地、作型」〜常備野菜として周年供給される秘密〜というテーマでお話をされました。

様々な品種のきゃべつが展示され 試食させていただきました。

野菜と文化のフォーラム きゃべつ展示1.jpg

野菜と文化のフォーラム きゃべつ展示2.jpg

後半はきゃべつ料理をいただきました。

まず春系「YR春系305号」 中間系「初恋」 ボール系「YRデライトボール」の食べ比べ。

きゃべつの食べ比べ 生 茹.jpg

今の時期 はっきり言って大きい差はありませんでした。おそらく3月頃に食べ比べをしたら差がはっきりしたと思いました。

お好み焼き.jpg

お好み焼きは寒玉系「好菜堂」と中間系「浜岬」の食べ比べ。これは全く違いが解りませんでした。またちょっときゃべつが少なすぎた気がしました。

コールスロー.jpg

春系「YR春系305号」のコールスローは無難な味でした。

きゃべつとベーコンのスープ.jpg

寒玉系「輝吉」のベーコンのスープ

きゃべつのクリーム煮.jpg

寒玉系「輝吉」エリンギのクリーム煮。これはクリームの味が強すぎました。

きゃべつのアンチョビーパスタ.jpg

寒玉系「好菜堂」アンチョビーパスタ。きゃべつの量が貧弱。

この他にも寒玉系「恋路」 中間系「初恋」 寒玉系「YRしぶき」などを使った料理が提案されました。全般的に今の時期 品種特性を生かした料理は難しいと感じました。

http://www.fujioka-shokuhin.jp








posted by 野菜おたく? at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム
この記事へのコメント
都合がつかず行けなかったのですが、
確かに「この時期にキャベツ?」と
思っていました。逆に何か理由が
あるのかと思っていましたが・・・
春の再開催に期待ですね!
Posted by megkitchen at 2011年11月26日 18:11
寒玉系、春系、中間系とは一応言われていますが、今の時期 加熱してしまえば本当に差がないのが現状でした。
Posted by よこはま青果塾委員長 at 2011年11月28日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51000944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック