2011年06月06日

野菜の学校2011 続「日本の伝統野菜・地方野菜」第3回 愛知

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜の学校2011 第3回 愛知の伝統野菜・地方野菜の授業を受けてきました。

永田 美智恵美氏.jpg

講師は永田 美智恵氏。愛知の伝統野菜は現在21品目35品種。定義は案外ゆるやかです。
http://www.japanfood.jp/a.dentou/index.html

早生かりもり他.jpg

白花千石豆.jpg

アロエ他.jpg

「かりもり」と「白花千石豆」は初めての出会いでした。

早生かりもり 白うり.jpg

食べ比べは左から「「かりもり」「白うり」「はぐらうり」 かりもりは皮が固めで 水分は少なめ 味は淡白でした。愛知では奈良漬にするようです。

料理.jpg

料理はいつも通りおいしくいただきました。

東京には一軒 愛知野菜を使ったお店があり シェフ自らお話に来ました。

渡邉 貴夫氏.jpg

奥沢にある「ヴィコレット」のシェフ渡邉 貴夫氏
http://www.vicoletto.com/
愛知にいる渡邉氏のおばあちゃんの野菜を ふんだんに使っていることです。小生も一度伺ってみようと思っています。

http://www.fujioka-shokuhin.jp






posted by 野菜おたく? at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2011年05月27日

野菜の機能性を生命食として考える

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜と文化のフォーラムが開催した講演会へ行ってきました。「野菜の機能性を生命食として考える〜農業と科学者の目をもった八百屋の取り組み〜」講師はデザイナーフーズ株式会社 丹羽 真清氏

デザイナーフーズ 丹羽.jpg

デザイナーフーズ鰍ウんは、カット野菜で有名なデリカフーズさんの子会社です。野菜の研究をすることによって、消費拡大、自給率向上から健康体になることを目標としています。実際の店舗は六本木ヒルズにあります。「ベジマルシェ」というおしゃれな店です。小生も先日 見学してきました。

六本木 ベジマルシェ.jpg

野菜を解毒系野菜、免疫系野菜、抗酸化系野菜に分けて販売していました。また、抗酸化力の高い野菜ほど高く売っていました。また、お店ではベジタブルセミナーも開催しています。

色々と考えさせられる点が、多々ありました。皆さんも六本木ヒルズに行くことがありましたら のぞいてみてください。

http://www.fujioka-shokuhin.jp

posted by 野菜おたく? at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2011年05月21日

野菜の学校2011 続「日本の伝統野菜・地方野菜」第2回 大和(奈良)A

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

食べ比べ 4種.jpg

食べ比べは茹でた大和まな、小松菜、しんとり菜、ベか菜の4種類でした。

やまけんさん.jpg

解説は、やまけんさんからでした。大和まなは、昔から改良されていない独特味。それに対し小松菜は何年も品種改良されて、いい意味で進化した味?のような事を言っていました。

料理.jpg

毎回スタッフが凝った料理を作ってくれます。今回 「大和いものお焼き」が一押しでした。

http://www.fujioka-shokuhin.jp



posted by 野菜おたく? at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2011年05月20日

野菜の学校2011 続「日本の伝統野菜・地方野菜」 第2回 大和(奈良)@

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜の学校2011 第2回 大和(奈良)に出席してきました。

田中 久延氏.jpg

「奈良県の歴史地理と大和伝統野菜」というテーマで田中 久延氏の講演がありました。

一部の大和野菜の展示がありました。

大和丸.jpg

「大和丸なす」

香り牛蒡.jpg

「香りごぼう」

大和まな.jpg

「大和まな」

大和いも.jpg

「大和いも」

大和きくな.jpg

「大和きくな」

半白きゅうり.jpg

「半白きゅうり」

下北春.jpg

「下北春まな」

片平.jpg

「片平あかね」

結構初めて出会う野菜が多かったです。生産量は少なく 都会で手に入れるのは困難です。

他にも大和伝統野菜があるので興味のある方はこちらまで。
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-2767.htm

http://www.fujioka-shokuhin.jp





posted by 野菜おたく? at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2011年04月06日

野菜の学校2011 第1回ひご(熊本)の伝統野菜・地方野菜

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

今年度も野菜と文化のフォーラム主催 食べておいしさを知る 野菜の学校2011 続「日本の伝統野菜・地方野菜」に通うことにしました。

第1回目は ひご(熊本)の伝統野菜・地方野菜」でした。

北 亜続子.jpg

講師はひご野菜セミナリオ代表 北 亜続子氏でした。

熊本京菜、水前寺もやし、熊本長にんじん、人文字(わけぎ)、ずいき、蓮根、水前寺菜、春日ぼうぶら、芋の芽、熊本赤なす、熊本ねぎ、水前寺せり、熊本いんげん、熊本黒皮かぼちゃ、水前寺のり等説明していただきました。

野菜の学校 @.jpg

野菜の学校 A.jpg

野菜の学校 B.jpg

展示品の一部。

ワケギ 食べ比べ.jpg

食べ比べは、熊本産ひともじ、広島産わけぎ、山形産庄内あさつき、埼玉産わけねぎの4種。小生の好みは庄内あさつきでした。

料理.jpg

料理は、高菜漬け混ぜごはん、水前寺菜の酢のもの、芋の芽のオリーブ油焼き、簡単からしれんこん、水前寺せりのチヂミ、黒皮かぼちゃの和風煮、熊本赤茄子の塩昆布和え と盛りだくさんでした。芋の芽は初めて食べたのですが、食感が良く 今回の一押しでした。

http://www.fujioka-shokuhin.jp


posted by 野菜おたく? at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2011年03月07日

野菜の学校2010 第10回修了式・記念講演

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

今年度最後の 野菜の学校に出席してきました。仕事上 毎回出席はできなかった為、終了書はいただく事が、できませんでした。来年度 留年するつもりです。

記念講演は日経新聞論説委員 岩田 三代氏でした。

岩田 三代氏.jpg

「世界の食料事情と日本---在来野菜の価値」というテーマでお話を聞きました。先生は「生命の基本である食の大切さ」を強調していました。

講演の後はベジタブルパーティでした。

ベジパーティーB.jpg

ベジパーティー@.jpg

ベジパーティA.jpg

菜の花おやき.jpg

ベジポンチ.jpg

今年度取り上げた地方野菜のスイーツをいただきました。小生は長岡の神楽南蛮ジャムが、すごく気に入りました。

http://www.fujioka-shokuhin.jp


posted by 野菜おたく? at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年12月24日

第3回野菜の品種別調理特性検討会

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

NPO法人野菜と文化のフォーラム主催 第3回野菜の品種別調理特性検討会「だいこん」に出席してきました。

潟gーホク 新倉 聡氏.jpg

まず、株式会社トーホク 新倉 聡氏から「日本の大根の系統別品種と特徴」という講演がありました。

そのあと、青首大根、三浦大根、聖護院大根、黒長大根等の生と蒸しの試食がありました。品種によりかなりの違いがありました。

今回のメインは何と言っても大根料理の数々。

大根餅の椀.jpg

「大根餅の椀」(源助大根)

大根と牛肉のポトフ.jpg

「大根と牛肉のポトフ」(聖護院大根)

鯵のみぞれ煮.jpg

「鯵のみぞれ煮」(夏の翼)

豚肉と大根の中国風煮物.jpg

「豚肉と大根の中華風煮物」(大蔵大根)

大根のナムル.jpg

「大根のナムル」(三太郎)

大根グラタン.jpg

「大根グラタン」(勝太郎)

大根ステーキ.jpg

「大根ステーキ」(三浦大根)

大根.jpg

「大根」(三浦大根)

他にも何品かいただきました。改めて大根のレパートリーの広さを感じました。また、料理によって品種の使い分けると また一段と味わい深くなることを実感しました。しかしながら 現在の量販店主体の販売では、非常に難しい課題だと思います。

http://www.fujioka-shokuhin.jp











posted by 野菜おたく? at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年11月15日

野菜の学校2010 第7回庄内(山形)の伝統野菜・地方野菜

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜の学校2010 第7回 庄内(山形)の伝統野菜・地方野菜の授業を受講してきました。

「山形県庄内地方の在来野菜」というテーマで山形大学准教授 江頭 宏昌氏が講演されました。「在来作物」の定義ですが、今までわかっているようで、はっきり表現ができませんででした。今回江頭先生がある地域で、世代を超えて栽培者によって種苗の保存が続けられてきた作物を、その地域の在来作物ということを教えてくれました。

山形県では、在来作物の数が157もあります。そのうちのごく一部が展示され、試食させていただきました。初めて現物を見る品目の方が多かったです。

温海.jpg

藤沢.jpg

宝谷.jpg

からとり芋.jpg

伝九郎柿.jpg

沖田茄子.jpg

ピリカリ大根.jpg

野菜の学校 山形料理.jpg

在来野菜は普通の野菜と見た目、食感、香り、味等違います。料理人にとっては、新たな料理ができるので、楽しい存在だと思いました。

http://www.fujiojka-shokuhin.jp






posted by 野菜おたく? at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年10月06日

野菜の学校2010 第6回飛騨の伝統野菜・地方野菜A

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

NEC_2224.jpg

食べ比べは、左上が宿儺かぼちゃ、右上が宮崎産日本南瓜(小菊)、下が北海道産九重栗。宿儺かぼちゃは、上品な香りが特徴的でした。

NEC_2225.jpg

飛騨野菜を使った料理の試食もありました。左から「飛騨一本葱」のグリル焼き、「飛騨紅かぶ」の浅漬け、「なつめ」の生と煮たもの、「ころもいも」のあぶらえ(えごま)和え、「宿儺かぼちゃ」のスープ、田舎煮、サブジ(インド風炒め物)、「あきしまささげ」の茹で、と味わってきました。あきしまささげは,しゃっきり感がとても小生の好みでした。

http://www.fujioka-shokuhin.jp


posted by 野菜おたく? at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年10月05日

野菜の学校2010 第6回飛騨の伝統野菜・地方野菜@

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜の学校2010 第6回飛騨の伝統野菜・地方野菜の授業を受けてきました。

岐阜県飛騨農林事務所農業普及課 中西 文信氏より 飛騨の伝統野菜の概略を聞きました。現在27品目あります。

NEC_2222.jpg

次に丹生川(にゅうかわ)宿儺(すくな)かぼちゃ研究会会長 若林 定夫氏から「宿儺かぼちゃ只今売り出し中」と言うテーマでお話を聞きました。

NEC_2222.jpg

宿儺かぼちゃと宿儺かぼちゃ焼酎

ヘチマのように長細く、栗のようにほっこりとした味わいの珍しいカボチャとして 長年高山市丹生川町で自家用野菜として栽培されていました。ところが名前がなく 平成13年に「宿儺かぼちゃ」と命名されました。病気に弱く栽培が難しい為 普通の南瓜の収量の約半分です。

ただし販売戦略が素晴らしく、ケース単価(約10kg入)で2000円を割らないように販売しているとの事。今年は約3000円で売れたとの事でした。残念ながら量が少ないので 関東地方には、まだ出荷されていません。

http://www.fujioka-shokuhin.jp




posted by 野菜おたく? at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年08月02日

8月の野菜の学校

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

8月の野菜の学校に行ってきました。今回は有楽町にあるごはんミュージアムで行われました。テーマは「日本全国なす自慢!」でした。

NEC_2022.jpg

全国から45種類の茄子が展示されました。

NEC_2026.jpg

岸 朝子氏の来賓あいさつ。かなりのお年ですが、立派な足取りでした。

NEC_2028.jpg

タキイ種苗株式会社 鳥超 敏氏。「在来種からF1種への流れと今後の方向性」という講演をしていただきました。

NEC_2029.jpg

やまけんさん。「在来なすの面白さ」というお話をしていただきました。

F1はもはや否定できない存在です。しかしながら地方野菜、在来野菜を残していくのは、我々義務の一つだということが、よく理解できた勉強会でした。

http://www.fujioka-shokuhin.jp




posted by 野菜おたく? at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年07月05日

第4回野菜の学校2010

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

第4回野菜の学校2010 江戸東京の伝統野菜・地方野菜の講義を受けてきました。

講師は大竹 道茂氏

NEC_1938.jpg

実は先生自ら すでに講義の内容をブログに書いています。
そちらを見ていただければ幸いです。
http://edoyasai.sblo.jp/article/39452846.html#more

NEC_1940.jpg

プロの先生方が作ったせっかくの料理でしたが、前日に「おやしらず」を抜いたので ほとんど食べることができませんでした。

http://www.fujioka-shokuhin.jp




posted by 野菜おたく? at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年06月11日

野菜の学校2010

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会(八百屋)の藤岡輝好です。

第3回 加賀(石川)の伝統野菜・地方野菜の講義を受けてきました。
講師は金沢市近江市場の小畑商店の小畑文明氏でした。

NEC_1802.jpg

加賀野菜の取り組みは何と、平成3年からです。民間が先で あとから行政がかかわった為 うまくいっているともおっしゃっていました。
http://www.kanazawa-kagayasai.com/kagayasai/index.html

食べ比べは
NEC_1804.jpg

千葉県産白瓜、奈良県産半白胡瓜、秋田県産胡瓜、石川県産加賀太胡瓜。個人的にはあまりいい組み合わせではなかったと思いました。

加賀野菜を使った料理は、満足できる味でした。

NEC_1805.jpg

金時草(沖縄ではハンダマ)の酢のものは飽きない味だと感じました。沖縄とは全く違った食べ方をすると 初めて知りました。また、金沢の方は金時草の葉をとった後、茎をまた植えることも知りました。

NEC_1799.jpg

見かけたら 是非食べてみてください。

http://wwww.fujioka-shokuhin.jp


posted by 野菜おたく? at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年05月31日

講演会

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

NPO法人野菜と文化のフォーラムの講演会へ行ってきました。

講師は東京青果株式会社 宮本 修氏。演題は、「わが国の野菜事情と展望」

NEC_1764.jpg

野菜の花、野菜の動向、東京市場の概要、輸入野菜、野菜消費の動向、卸売市場の機能、今後の展望と非常に多方面のお話を聞くことができました。

あまりにもさまざまな話題が取り上げられたので、まだ頭の中が整理がつかない状態です。

一番納得してしまったことは、「売れる商品は、もう一度食べたいという感覚だ」と言うことでした。これは、野菜に限りませんが、いつ食べても飽きないという事です。簡単なようで難しいですね。

http://www.fujioka-shokuhin.jp
posted by 野菜おたく? at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年05月11日

野菜の学校2010

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

第2回 京都の伝統野菜・地方野菜の授業を受けてきました。

NEC_1677.jpg

NEC_1676.jpg

展示品目は 京たけのこ、賀茂なす、伏見とうがらし、万願寺とうがらし、水菜、壬生菜、丹波つくねいも

NEC_1678.jpg

講師は(社)京のふるさと産品協会 常務理事 太田 善久氏でした。「京野菜とその復興の取り組み」というテーマでした。全国に先駆けて昭和50年代から始まったとの事でした。
http://kyo-furusato.jp/
京マークをつけた野菜は、京都の野菜生産高約250億円のうち たった12億円しかないことを知りました。

NEC_1679.jpg

京のたけのこと山形、石川、東京、千葉、山形のたけのこの食べ比べもありました。色々な食べ比べをしてきましたが、たけのこの食べ比べは 初めての経験でした。

一口で言い表すと 京のたけのことその他の地域のたけのこに分かれます。京のたけのこが、香り、味、食感等ダントツにレベルが上でした。手入れをした竹林で育てただけの価値は、あると思いました。価格の説明はありませんでしたが、おそらくとびぬけて京のたけのこが高いのです。皆さんも機会がありましたら、食べ比べをしてみてください。

http://www.fujioka-shokuhin.jp






posted by 野菜おたく? at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2010年04月10日

野菜の学校2010

こんにちは!横浜市中央卸売市場本場 藤岡食品株式会社(八百屋)の藤岡輝好です。

野菜と文化のフォーラムhttp://www.yasaitobunka.or.jp/では、今年度の野菜の学校のテーマが「日本の伝統野菜・地方野菜」です。
非常に興味のあるテーマなので、通ってみることにしました。

第1回は「沖縄の伝統野菜・地方野菜」でした。

NEC_1504.jpg

NEC_1503.jpg

このような展示で、見た事もない初めての野菜にも出会いました。

島らっきょう・野菜パパイヤ・フーチバー(よもぎ)・島にんじん・ナーベーラー(へちま)ンジャナ(にがな)・ハンダマ(金時草)・サクナ(長命草)・クワンソウ・雲南百薬 など皆さん知っていましたか?

NEC_1505.jpg

沖縄出身の講師 高山厚子氏に「沖縄野菜の底力」というテーマどお話を聞きました。一言で言うと沖縄では、昔から野菜をたくさん食べてきたと言うことです。

NEC_1506.jpg

島らきょう・らきょう・のびる・エシャレットの食べ比べ。かなりきつかったです。(辛くて)

NEC_1508.jpg

沖縄料理の試食。

非常に充実した内容でた。また、うれしいことに、やまけんさんが、食べ比べの時に講義をしてくれました。

http://www.fujioka-shokuhin.jp


posted by 野菜おたく? at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム